白髪染め トリートメント 効果

もし髪を素早く染め、結構長い間色落ちしない状態で持たせたいといことが最も大事なら、従来からある白髪染めが機能的に優れていますから、白髪染めトリートメントはそんなに売れていないはずです。でも現実的には今、白髪染めトリートメントが大きく注目されていて販売数を伸ばしているようです。それはなぜでしょうか?

色々と理由はあるのでしょうが、大きく分けると2つの理由からではないかと考えています。

1つは、白髪ではなく髪を染めてきた経験のある人は、おしゃれ染めで髪が傷む傾向にあるということを実感として知っていること。だから白髪ぞを染める段になって、おしゃれ染めと同じ科学的な反応によって染める方式は避けたいと思う気持ちから、トリートメントタイプの白髪染めを選ぶ人が増えてきたということ。

もう一方は、従来からある白髪染めでは、頭皮が痒くなったり、体調が悪くなったりというアレルギー反応があって、使いたくても使えない人が、白髪染めトリートメントの存在を知って使ウ人が増えてきたということ。

この中には薄毛に悩む人たちも含まれているのではないかと思います。どうしても従来からある2液タイプの白髪染めは刺激が強い傾向にあるので、髪や頭皮にダメージを与える可能性は高いですから。

トリートメントタイプの白髪染めは2液タイプの白髪染めに比べて、髪を染める早さや色落ちしないといった点では見劣りしますが、元々髪や頭皮に刺激の少ない優しい成分で作ることが前提で開発されていますから、髪が傷んだり、頭皮が刺激を受けたり、薄毛に悩まされたりというリスクが非常に少ない安心できる点が評価されているのでしょう。


そういった健康面での効果に加えて、実際に使ってみて思うのは、髪色の濃淡を調整できる効果があるということです。トリートメントを髪に塗ってから放置する時間を長くしたり短くしたり、乾いた髪に塗ったり、シャンプーした後の濡れた髪に塗ったり、シャワーキャップをかぶったりかぶらなかったり、トリートメントの量を多くしたり少なくしたりというやり方の組み合わせで、色々な濃淡の髪色を楽しめるのです。

白髪染めトリートメントの可能性は、今後も髪に潤いを与えるだけでなく、育毛効果も出せるのではないかと、たくさんの期待を持たせるように広がっているでしょう。